消費者金融を申込む際に、まず心配するのは審査のこと

 

プロミスでキャッシングサービスを利用する際にまず最初に行うこと、

それは金融機関への申し込みです。

・ 現在はインターネットが普及していることから、わざわざ店舗に行かなくてもスマートフォンなどで申し込みをすることができるようになったため、手軽に申込みができると言う事で利用者が非常に増えています。

 

・ そしてその後、審査を受けることになりますが、この審査に通過をしてはじめてキャッシングを利用することができるようになります。

 

・ プロミスの審査基準は明確に表示をされてはいないものの、20歳以上69歳以下であり安定した収入があると認められることに加えて、他社からの借入れの有無を確認されます。総量規制の法律により、年収の3分の1以上の借入れをすることはできないと決められていることから、この範囲内であればキャッシングをすることができる確率がアップします。

 

・ 逆に他社の借入れ額がこれを超える場合は厳しくなります。審査に通過することができずに、キャッシングを行うことは不可能になるようです。現時点でご自分の借入金額を把握する必要があります。もし、他社からの借入額が複数社あるとしたら「おまとめローン」をオススメします。

現在大手の金融機関のサイトでは簡易診断を行うことができるため、これを利用したうえで申し込みをすることも選択肢の一つです。まずは試してみるのもよいでしょう。申し込みを行う前の不安を解決できるのが良いです。

たった3秒のお借入れ診断

この診断はどういう内容なんでしょうか?

記入するのはこの3項目。

【生年月日】と【年収】そして【現在のお借入れ金額】

たったこれだけですが、この診断は3秒で完了します。
消費者金融側に最初に必要な情報としては重要なものです。
【生年月日】で年齢がわかります。
【年収】で毎月一定の収入があることがわかります。
そして最後の【現在のお借入れ金額】で、他社での借入れ総額がわかり、年収の3分の1より上か下かがすぐにわかります。
この時点で、「お客様の条件ですと、ご融資可能と思われます。」という診断結果が出れば申込みの第一段階がクリアしたことになります。

 

健康保険証だけでは証明書類になりません。

・ 顔写真のある証明書類だけが審査において通用することになりました。ですので運転免許証やパスポートをお持ちでない方は、健康保険証ともう一点の証明書類が必要になります。例えば住民票などでも問題ありません。

 

審査の最後に勤務先への在籍確認

・ 書類での審査、そして信用情報機関への照会での審査が完了して、問題がない基準であれば、最終段階で勤務先への在籍しているかを確かめる審査に移ります。この在籍確認の審査はほとんどが、勤務先への電話連絡となっていますが、事前に要望を伝えておけば、電話以外での在籍確認となります。電話以外といっても、申込みされた方々の審査の内容によって異なりますので一概に言えませんが、勤務先を証明する書類の提出で、在籍確認となる場合が多いです。