借金には5年または10年の時効に返済免除のデメリットとは?

 

借金には5年または10年の時効があり、過ぎると返済が免除されます。

 

しかし、時効による借金踏み倒しには、次のようなデメリットがあるために注意が必要です。

 

○ 貸金業者は5年、個人は10年

借金の時効が5年になるか、10年になるか、借り先によって異なります。

 

貸金業者のキャッシング・カードローンが借り先なら5年の時効ですが、個人が借り先の場合は10年の時効です。

 

貸金業者の時効のほうが短くなっています。

 

○ 借金踏み倒しによるデメリット

時効を過ぎたらそれで借金免除ではありません。

 

借金の援用手続きを行わないと、借金免除にならないのです。

 

貸金業者が借り先の場合、時効が過ぎないよう様々な対策を取ってきます。

 

5年の時効が過ぎる前に、一度でも借金を認めてしまうと、時効は中断するのです。

 

したがって貸金業者は借主に連絡し、借金を認めさせようとします。

 

少しの返済でも借金を認めたことになるために、注意が必要です。

 

借金から逃れるため、貸金業者に黙って引っ越ししても、住民票を移せばバレてしまうことがあります。

 

引っ越し先が分かった貸金業者は、借金の返済を要求し、借金を認めさせ、時効の中断に持ち込もうとするのです。

 

○ まとめ

貸金業者は5年、個人は10年の時効ですが、借金踏み倒しは社会的な信用を失ってしまいます。

 

何年も逃げ続けるのは精神的にもきついでしょうから、意図的に時効による借金踏み倒しを狙わないほうが良いでしょう。

 

どうしても返済できない時は、債務整理するという方法もあるのです。