カードローン審査の際にアリバイ会社の利用は違法?

 

カードローンの審査時に実際には勤務していない会社を申告しても、在籍確認時にバレてしまいます。

 

在籍確認時にバレないよう、一部にはアリバイ会社を使う方が見られました。

 

在籍を確かめるのはお金を貸す側からすればとても大事な審査のひとつ。

 

ですので、アリバイ会社を使うのはかなりのペナルティーに課せられます。

 

○ アリバイ会社を使うと違法になる

家族バレや彼氏バレを防ぎたい風俗に勤務している女性がよく利用しているのが、アリバイ会社です。

 

しかし、カードローン審査の際にアリバイ会社を利用すると違法となります。

 

アリバイ会社では在籍確認への対応、源泉徴収票や給料明細書などの書類作成などを行っています。

 

勤務実態のない会社の源泉徴収票や給料明細書などを、カードローン会社に提出すると詐欺罪に問われることがあるのです。

 

実際には勤務していない会社を申告した場合、虚偽の申告となるために注意して下さい。

 

○ アリバイ会社に頼んだことがカードローン審査でバレる

自分から言わない限り、アリバイ会社を使ってもカードローン会社にはバレないと思っていませんか?

 

カードローン会社でもアリバイ会社の存在は知っているため、アリバイ会社対策を行うことが多いです。

 

アリバイ会社では、在籍確認の抜け道をいくつも用意しています。

 

在籍会社に登録することで、勤務しているように見せかけることが可能です。

 

しかし、在籍会社の数が少ないアリバイ会社だと、カードローン会社が保有しているデータによりバレてしまうことがあります。

 

その他にも、在籍確認への不自然な対応で、アリバイ会社だとバレることがあります。

 

○ まとめ

アリバイ会社を使ったことがバレると、カードローン会社からの信用は大きく失墜します。

 

契約後にバレてしまい、強制解約となっても文句は言えません。

 

きちんと実態のある会社に勤務してから、カードローンに申し込みしたほうが良いでしょう。