消費者金融の審査で重要視される「属性」って何?

 
カードローンの審査を行う際、重要視されるのが「属性」です。
「属性」と言うのは、本人の職業・年収・職場・年齢・家族構成といった情報のことを指します。

属性には基準があり、その基準によって点数化されます。そして、その属性の点数を加算した合計点数を見て、借入可能であるか、限度額の設定はどの程度が妥当かを判断します。

 

 

属性の点数はどのような人が高いのでしょうか。審査項目で確認してみましょう。

 

年齢

基本的には、年齢が上の方が点数が高く、下だと低い評価となります。しかし、20代後半から30代は主な顧客なので、点数をタック設定している会社の多いようです。60代以上になると定年退職をした人も多くなるので、反対に点数が低くなります。会社によっては、65歳から70歳の人を対象から外している事もあります。

 

職業・職場・雇用形態

一般的に審査を通過しやすいのは公務員です。カードローンの審査では、一部上場企業の社員よりも公務員の方が評価が高いとされています。医者や弁護士もまた審査に通りやすい職業です。専門の資格があり、転職も困難ではないため、安定した収入が見込めらからです。
反対に、正社員以外のアルバイトやパート、派遣社員の評価は厳しくなっています。また、自営業はたとえ収入が多くても、低い評価だと判断される場合も少なくないようです。
さらに、本人確認資料である健康保険証は、国民健康保険よりも社会保険の方が評価が高いです。なぜなら、社会保険は安定した収入のある職業の場合が多いためです。

 

勤続年数

基準となる勤続年数は5年となっています。5年より長ければ高い評価となり、勤続年数は長い方がそれだけ評価が高まります。反対に、勤続年数が1年未満という場合は、たとえ正社員であっても低い評価となります。

 

年収

もちろん年収は多い方が評価が高いです。400万円が基準となり点数が高くなります。反対に、年収が200万円未満の人の評価は低いです。
さらに、持ち家も方が借家より評価が高く、既婚者の方が独身よりも評価が高いです。高い評価であれば、高い点数となり、審査を通過しやすくなります。
ですが、審査基準は申し込みをする金融機関によってまちまちなので、これだけで決めつけず、申込をしてみると良いでしょう。