在籍確認が行われる前に大切なこと。

 
消費者金融会社の借り入れ審査の中でとても重要な審査が在籍確認の電話です。

しかしこの審査が行われる前にもっと基本的な大切な審査基準があります。在籍確認の電話審査になったということはもうこの審査さえ終われば融資が受けられるという状態。審査の最終段階の審査と言えるのです。

 

当然その前に審査に落とされてしまう場合もあるのです。
というか審査に否決されるとしたら、この在籍確認の前の段階である基本審査の時点で落とされる方がほとんどです。

ですから在籍確認の審査を心配される方は多いですがその前の段階の審査も大切というのを知ってください。

 

まずは総量規制の範囲でキャッシングを希望してるかどうか?
他社でのクレジットカードやキャッシング、カードローンなどの金融の支払いに滞納がないかどうか?
さらにスマホなどの支払いも遅延していないかどうか?
申し込みフォーム記載内容に間違えはないかどうか。
など。
これらが基準から外れていると審査には通過できませんので注意をしましょう。

 

あとは、ここ最近ほかの消費者金融会社で既に審査に落ちている場合はかなり審査も厳しくなります。どこの金融もCIC、JICなど同じ信用機関のデータを照会して審査してるので、そんなに相違はありませんので注意したいところです。

 

まずは仮審査などで自分が審査に通過できる基準に入っているかどうかを審査してみましょう。