消費者金融の取り立てルール、違法と合法について

 

消費者金融の取り立てに違法と合法のルールがある事を知っていますか?

 

消費者金融の取り立てルールについて解説します。

 

・夜9時から朝8時までの取り立ては違法

取り立てというと、夜や朝方嫌がらせのようにドアをドンドンやるイメージがありますが、これは違法です。

 

訪問のみならす電話やFAXでも違法になります。

 

ただし、債務者と連絡が取れない様なら理由として認められる事があります。

 

・居座りは違法

家に上がり込み、借金を返すまで帰らないと言って居座る事も違法です。

 

退去しなさいと言って退去しない様なら直ぐに警察に連絡しましょう。

 

・張り紙立て看板も違法

「金返せ!」の張り紙は個人情報を周りに知らしめる行動になり違法です。

 

同じ様に個人情報を周りに知らしめる行動は全て違法になります。

 

・借金をして返せというのは違法

債務者に他から借りて返せというのは違法行為です。

 

言われた場合は、「それは違法ですよね」と言質を取りましょう。

 

・家族や親族に返せという

息子の借金を親に払わせようというのはありがちですがこれも違法です。

 

ただし、親や親族が自主的に返済しようとすると違法にはなりませんので誘導されない様に気をつけましょう。

 

債務者が不快と思うことは全て違法になり、ほとんど合法にはなりません。

 

お金を返せない時は、思い切ってこちらから電話をして返せませんと伝えましょう。

 

正規業者なら、法律が怖いのでお待ちしますと優しく言ってくれるでしょう。