プロミスの審査で収入証明書が必要になるケースとは?

 
収入証明書が必要になる消費者金融の審査のケース。

・ 基本的に消費者金融の審査で必要となるのは、本人確認書類で運転免許証などがそれに当たりますが、それ以外に収入証明書を提出する必要があるケースがあります。

 

・ 例えば、消費者金融業者からの融資希望額が50万円を超えている場合や、これまでの借入金額の総計額が100万円以上の場合です。

 

・ 収入証明書を確認する一番の目的は、借入希望者の返済能力について審査をするためです。そうしたことから、高額の借入を希望する際には、年収などの確認が可能な書類を必要とし、収入証明書の提出を要求されるのです。

 

・ 収入証明書の種類ですが、消費者金融から収入証明書を要求された際、用意するものとしては具体的に、源泉徴収票や確定申告書、直近の給与明細などが挙げられます。

 

・ とはいえ、業者ごとに審査に対応している書類は多少異なっていることがあるので、何が必要になるのかをあらかじめ確認しておきましょう。

 

・ 中でも、源泉徴収票や確定申告書などについては、即日用意するのが難しいものもあるので、高額の借入を申し込む際には、事前に用意しておく方がスムーズにことが進むでしょう。

 

・ もし、収入証明書を用意するのが困難な場合には、その時点で審査を打ち切られてしまい、融資を得ることができなくなってしまいます。

 

収入証明書が求められる理由。

・ 消費者金融は融資を行う際に、貸金業法の総量規制を守らなければなりません。この総量規制とは、申込者の3分の1を超えた融資をすることはできないということです。

 

・ そうしたことから、高額の融資となる場合には収入証明書を提出してもらい、この総量規制の範囲内であるかどうかを確認しなければならないのです。

 

・ 前述の通り、消費者金融で50万円以上の金額を融資する際には、収入証明書の提出が必要になります。

 

・ また、50万円未満の融資の際でも、消費者金融が審査を通して収入証明書が必要だとしたときには、収入証明書を求められるケースもあるようです。

 

・ それは、これまでのカードローンの履歴に滞納の事実が認められた場合や、現在の職場の勤続年数が短い場合など、信用性が薄い場合などに収入証明書の提出が求められます。

 

・ 収入証明書には収入状況だけでなく、勤務先の名前なども載っているため、在籍確認にもなりますので、勤務先への電話連絡を避けたいと希望される方はこの辺りを用意しておくと良いでしょう。

 

・ そういったことも含めて、収入証明書は消費者金融の審査において重要度の高い書類なのです。