プロミスなど消費者金融が加盟している信用情報機関のJICCとは?

 

JICCで登録している信用情報の内訳は、個人を特定できる氏名や生年月日などの情報や、キャッシングや、ローン、クレジットなどの契約内容、支払い・返済状況などの情報があります。こちらでは登録情報の保有期間も表記しています。

 

■ 本人を特定するための情報

内容 登録されている期間
氏名・生年月日・性別・電話番号・住所・勤務先・勤務先の電話番号・運転免許証などの番号等 契約内容に関する情報などが登録されている期間

■ 契約内容に関する情報

内容 登録されている期間
登録会員名・契約の種類・契約日・契約金額・貸付日・貸付金額・保証額など 契約継続中及び完済日から5年までの期間

■ 返済状況に関する情報

内容 登録されている期間
入金日・入金予定日・残高金額・完済日・延滞等 契約継続中及び完済日から5年までの期間

■ 取引事実に関する情報

内容 登録されている期間
債務整理・保証履行・債権回収・強制解約・債権譲渡・破産申立など 当該事実の発生日から5年までの期間

■ 申込みに関する情報

内容 登録されている期間
本人の特定可能な情報(氏名・生年月日・電話番号・そして運転免許証等の番号など)、そして申込日および申込商品種別等 申込み日から6ヵ月を超えない期間

・ ご自分の審査がどのようにして行われるかというのはとても気になるところです。審査は大きく別けて3つの工程があります。ひとつ目は消費者金融が独自に行う書類審査。消費者金融によって審査基準は異なります。そして在籍確認の審査。主な方法としては電話連絡ですが、電話以外の方法も用意されています。そしてこちらで紹介している過去の金融利用履歴の審査です。

 

・ 実はこの履歴による審査だけは、消費者金融と同じ審査材料をご自身でも「知る」ことができるのです。信用情報機関である「JICC」に申請すれば自分の履歴を閲覧することができるんです。消費者金融も同じ利用履歴を見ているわけですから、あらかじめ知ることができるというわけです。その上で、審査に落ちない対策を講じるの通い方法ではないでしょうか。