プロミスなどの消費者金融が審査で利用している信用情報機関とは?

 
プロミスなど消費者金融で行われる審査には個人の過去の利用履歴チェックもあります。

消費者金融やクレジットカードなどを過去に利用された方は、利用履歴が残ります。プロミスなどの消費者金融に新規で申込む場合、利用履歴などの個人情報を元に融資が可能かを判断することになります。

そのために利用するのが【信用情報機関】です。

各消費者金融や信販会社、クレジットカード会社や銀行などが加盟している「信用情報機関」ですが、それぞれの金融機関に新規申し込みがあった場合、加盟している信用情報機関にデータを問い合わせればすぐに申込み本人の過去歴が把握できるようになっているんです。

 

プロミスなどの消費者金融は利用したことないけど、クレジットカードは利用したことがあるという方も履歴は残っています。自分のどんな情報が残っているのか気になるところです。ですがクレジットカードの利用はないという方でも、携帯電話の支払履歴が残っています。

 

携帯電話は通話料金以外は本体料金を2年間の分割払いという形になっています。実は「支払い」ではなくて「返済」なんですね。通話料金と一緒なのでわかりにくいかもしれませんが、返済として信用情報機関に残ります。毎月普通に支払いをしていけば問題ないのですが、未払い状態が続いて、悪質だと判断されれば事故として履歴が残ってしまいます。

 

では、「信用情報機関」とはなんでしょうか?
日本にある信用情報機関は3社あり、それぞれ特徴があります。

消費者金融系の情報が多いのが特徴のようです。
加盟している金融業者から提供を受け情報を保管し、次は加盟している別の金融業者に情報を提供します。銀行系も信販会社系も扱っています。

 

では、扱っている個人に関する信用情報ですが、
・本人を特定するための情報
・契約内容に関する情報
・返済状況に関する情報
・取引事実に関する情報
・申込みに関する情報などです。
さらに詳しくはこちらから

 

クレジットカード会社関連の情報が多いのが特徴です。
クレジットカード会社の情報だけでなく、銀行系、信販会社や消費者金融系も網羅しています。

 

扱っている個人の信用情報の内訳は、
・本人を識別するための情報
・申込み内容に関する情報
・契約内容に関する情報
・支払状況に関する情報
・割賦販売法対象商品のお支払状況
・貸金業法対象商品のお支払状況などです。
さらに詳しくはこちらから

 

そしてもうひとつは、

こちらは主に銀行系のカードローンやクレジットカードなどの情報を扱っています。
消費者金融やクレジットカードの自分の履歴を調べたい場合は上のふたつで十分です。

 

プロミスなど消費者金融が審査で利用している信用情報機関とは?記事一覧

【JICC】日本信用情報機構JICCで登録している信用情報の内訳は、個人を特定できる氏名や生年月日などの情報や、キャッシングや、ローン、クレジットなどの契約内容、支払い・返済状況などの情報があります。こちらでは登録情報の保有期間も表記しています。■ 本人を特定するための情報内容登録されている期間氏名・生年月日・性別・電話番号・住所・勤務先・勤務先の電話番号・運転免許証などの番号等契約内容に関する情...

【CIC】シー・アイ・シークレジットカードをはじめ、ローンやキャッシングなど、新規申込み時に登録されるのが「申込み情報」や契約の際に登録される「クレジット情報」、そして利用途中に随時登録されていく「利用記録」で成り立っています。ちなみにCICに登録されている情報は一定の期間登録され、期間終了とともに自動的に抹消となります。【申込情報】クレジットまたはローンの新規の申込みにおいて支払能力の調査のため...