消費者金融の審査についてもっと知りたい

 
消費者金融にはしっかりとした審査があります。
審査がきちんとされているところは信用のある消費者金融といえます。信用があるということは、貸し方も信用があるという事です。

 

・ 「審査が甘い」とか、「簡単に借りれます」や「在籍確認は一切なし」というのは入口としては入りやすいですが、返済において、利息が信用できる額であるかどうかは疑わしいです。その先はもっと酷いことになっていくかもしれません。いわゆる街金や闇金など大手ではない消費者金融を利用するのは避けるべきです。

 

・ CMなどで有名な大手の消費者金融であればその問題は無いと言えます。大手の消費者金融では、いわゆる銀行系という銀行の名前と信用を借りているので、お客様の信用を失うわけにはいかないのです。

 

・ それと同時に国からの信用も無くしてはいけないのです。ですから、審査はしっかりと行います。ただ、審査基準は決まっていますので、必要以上に審査に不安になることはありません。

 

・ 消費者金融と銀行とでは、それぞれ独自の信用情報機関を使って照合しているので、審査の基準が違います。消費者金融の審査は甘いとは言いませんが、銀行ほど厳しくはないのは確かです。では、消費者金融の審査とはどこを見るのでしょうか。

 

最初は年齢、年収、他社からの借り入れ件数とその総額。次に、個人情報と勤務先情報。

 

・ しっかりと働いていて、過去に返済の滞納等の金融事故というものがなかったか、他から借りていないか、借りていたとしてもどれくらいか。

 

・ 年収の額はそんなに重要ではありません。職種もそれほどではありません。ですが、最も重要視するのは勤務先情報です。

 

・ 家族構成や持ち家か賃貸かというのもありますが、なにより、働いている事実と内容を求められます。また勤続年数も影響してきます。

それには理由があります。融資が可能かどうかは、返済能力の有無が重要です。返済の方法を約束できない限り貸す事はありません。そのためには一定の収入が約束されている職に就いているかが大事になってきます。それを確かめるのが在籍確認の審査です。