プロミスで在籍確認の審査の際、勤務先への電話は無しにできるのか?

 
プロミスのカードローンを申込むと、

申込み欄にご自分の名前住所電話番号を書くことになります。
勤務先の名前住所電話番号も書く必要があります。
そして本来であれば、審査の時に勤務先が実在するか、実在して尚且つその会社に申し込みされたお客様が在籍しているかを調べるために、在籍確認の電話連絡として勤務先に電話をして在籍の確認をします。

 

プロミスの審査の中で最も不安だという声が多いのが在籍確認の電話連絡になります。ですが、この職場への電話連絡は無しにできます!消費者金融の担当者に直接申込むことで、代替の書類提出が可能になり、書類のみで審査を通過することができます。職場にはプロミスからの電話がこなくなるので安心です。

 

そもそも【在籍確認】の審査は必ず行われるものです。お金を貸す側の消費者金融としては最優先の条件が返済能力です。そのために働いているかが重要になります。

 

在籍確認をする理由として、申込者が継続的かつ安定的な収入を得ているかを確認する為に行うものなので、申込者が働いていて継続的かつ安定的に収入を得ていると判断されれば次の審査に進み、もし判断されなければその場で審査には落とされます。

 

しかし目的として安定した収入があることを確認しているので、勤続していて安定した収入の有無を証明出来れば、この在籍確認の電話連絡をする行為は必要がなくなります。プロミスの担当者の判断で電話以外の方法を提示してくれるようになります。もちろん、それまでの審査の内容によっては、電話確認が外せないという場合もあります。ですが、転職を繰り返しているというような勤続年数が短い場合でない限り、電話なしの希望には相談に乗ってくれます。

 

いずれにしても、プロミスだけでなく、すべての消費者金融に言えることですが、在籍確認の電話審査は必ず有るわけではないが、申込者が雇われている立場の場合は、実際に企業に雇われていて、そこで働いているかを確認する為に、審査の際には必ず電話以外でも書類などにより在籍確認をするといえます。

 

個人事業主や自営業者の場合は、固定電話が必須になります。その電話番号にかける事で在籍確認の審査となります。