カードローンは使い道が自由って本当?資金使途は審査に影響しない?

 

カードローンの使い道は原則自由です。

 

しかしながら、カードローン審査では資金用途を申し込みの時にきかれます。

 

カードローンの使い道は自由なのか、資金用途は審査に影響しないのかについて解説します。

 

・資金用途、審査に影響します

資金用途はぶっちゃけ審査に大きな影響を与えます。

 

例えば資金用途を『ギャンブルの為』や、『借金返済のため』にすると、一発NGレベルで影響してくるのです。

 

この辺りはあたりさわりのない借入目的を考え入力しましょう。

 

・なんで資金用途が影響するの?

フリーローンっていうんだから、自由でいいはずじゃないかと思うかもしれません。

 

資金用途が審査に影響する理由は、監督庁から怒られるからです。

 

監督庁は偶に検査に入って、『ギャンブル目的、借金返済自転車操業目的の人に貸してるのか、ケシカラン、業務改善命令だ!』と言い出しかねません。

 

この辺りの大人の事情を理解して、あたりさわりのない使用目的を申告してください。

 

・おまとめ目的の使用目的は?

おまとめローン目的の使用目的は『借金返済のため』とする人が多くいますが、これはダメです。

 

目的は一本化のためですので、ない場合はその他の項目を選びましょう。

 

後で担当者から聞かれるかもしれませんが、その時は借金一本化の為と伝えるだけで大丈夫です。

 

カードローンは審査に通れば原則自由に使う事ができます。

 

使用目的は正直に申告せず、当たり障りのない項目の申告をしましょう。