国金いわゆる日本政策金融公庫で審査落ちしてしまう理由と解決策は?

 

国金いわゆる日本政策金融公庫というと政府系で便利な貸出先と知られていますが、審査がありますので当然、審査落ちが発生する事もあります。

 

国金いわゆる日本政策金融公庫で審査落ちする理由は単純で、キチンとした解決策と言った手を打つことも可能です。

 

これから日本政策金融公庫の審査を受ける人に、国金(日本政策金融公庫)の審査落ちする理由とその解決策について解説します。

 

・日本政策金融公庫で審査落ちする理由

日本政策金融公庫で審査落ちする理由は、

 

◆事業開始時に自己資金が少なすぎる
◆身の丈に合っていない融資希望額で申し込んでいる
◆事業計画書がダメダメ
◆面接で常識ある態度や事業計画を説明できない。
の4つの理由からなります。

 

特にこれから事業を始める人にとっては事業計画が大切です。

 

『こんなサービス自分以外思いつかない!』と思いがちですが、他人から見ると類似するサービスがいくらでもある、収益性が低い平凡な計画だったりします。

 

お金に詳しい知人に忌憚なく見てもらい、厳しい評価を受けてから事業計画を行いましょう。

 

・日本政策金融公庫の審査に通る解決策

国金という日本政策金融公庫の審査に通るための解決策は、とにかく審査落ちの理由を1つずつ潰していくことです。

 

事業計画書は細部まで書いていなければいけません。

 

誰からどのようなものを仕入れ、誰に売り、粗利はいくらか、月の見通しは、季節要因、情勢変化が起こる可能性などありとあらゆる事を盛り込んでください。

 

更に見やすく、必要な情報が入っていなければ審査には通りません。

 

・日本政策金融公庫よりビジネスローン

国金いわゆる日本政策金融公庫の金利は低いですが、ハッキリ言って審査は厳しいものになります。

 

審査の厳しい日本政策金融公庫よりも、ビジネスローンの方が審査は早く使い勝手もいいでしょう。

 

日本政策金融公庫よりもビジネスローンを検討する事も一つの手です。

 

日本政策金融公庫の審査に通過する解決策は、とにかく落ちる理由をなくしていく事です。

 

審査に通らないなら方向転換をして、ビジネスローンを試すことも行なってください。