カードローン利用中にリストラや定年退職した場合どうすればいい?

 
カードローンの返済中に毎月の収入が突然ゼロになったらどうします?

カードローンの契約が成立し、実際に利用するということになったとしても世の中なにがあるかわかりません。

 

もし万が一にもカードローン利用中の間にリストラになった場合、また早期退職や定年で退職となった場合はどうなるのか、という問題ですが、急に全額返済を求められるということは決してありません。

 

まずリストラなどにあって無職になった場合は利用している企業に連絡を行いその旨を伝えましょう。連絡を忘れていた程度でなることはありませんが、意図的に申告しない場合契約解除になる可能性もあります。

 

契約解除になる前の段階では、新規借入れができないまま返済だけを続けて行く状態になります。月々の返済額はそれ以前の設定のまま継続になります。

 

またカードローン利用中に職業が変わったとしても、急に契約変更や契約解除となる事はなく引き続き同様の契約で返済を行う事ができるのが一般的です。

 

ただし無職になったということは収入がなくなるという事ですから、追加での借り入れはできません。

 

その上でカードローンでは何年かに一度定期的な契約更新の再審査を行うので、その時点で収入がないと契約解除となる可能性があります。

 

この最新では収入証明書の提出を求められることが多いです。

 

ですから早い段階で次の仕事を見つけるか、完済した上で契約終了を選ぶ事をおすすめします。

 

またこれは定年退職の場合でも同様ですが、定年退職の場合年齢制限に引っかかることがあります。

 

カードローンでは利用できる年齢に上限が定められており、これに達すると契約の終了という事になるので、追加借り入れはできません。

 

定年退職後に再就職するという方もいるかと思いますが、年齢が高くなると審査が厳しくなるので仕事を辞める前に整理できる部分はしっかりと整理しておくことをおすすめします。