カードローンの利息額は返済方式で変わる!

 

カードローンから借りた後の利息額は返済方式によって変わる事があります。

 

この返済方式はカードローンによって異なります。これはあまり知られていないことですが長期分割払いではすこしでも利息を少なくしたいと考えるのは当然です。

 

利息額をなるべく抑えたい時は金利だけじゃなく、返済方式にも注意が必要なのです。

 

〇 リボルビング払い

カードローンで最も一般的となっているのがリボルビング払いです。

 

残高スライド元利定額リボルビング方式、元利定額リボルビング方式、元金定額リボルビング方式などいくつかの種類があります。そのひとつひとつの違いについて把握しておくのも大事だと思います。

 

〇 残高スライド元利定額リボルビング方式

残高スライド元利定額リボルビング方式では借入残高帯によって毎月の約定返済額がスライドしていきます。

 

1円から10万円までの借入残高帯なら毎月1万円、10万円から20万円までなら毎月2万円、20万円から30万円までなら毎月3万円といった形です。

 

最小の約定返済額のために返済自体は楽ですが、そのままでは返済が長引く事があるのです。

 

上記の例でいうと10万円の借入があり、追加で8万円借りても毎月の約定返済額は2万円のままです。

 

増えないからといって無計画な追加借入を繰り返すと、いつまで経っても返済が終わらず、延々と利息を支払しないといけなくなります。

 

利息額を抑えるには無理のない借入と追加返済を行う事が必要です。

 

〇 元利定額リボルビング方式

元利定額リボルビング方式では毎月一定の約定返済額となっています。

 

返済当初は利息の割り当てが多く、元本の割り当てが少ないために返済が効率よく進まない事があります。

 

〇 元金定額リボルビング方式

元金定額リボルビング方式は毎月一定の元金に対し、利息を付けて返済していきます。

 

元利定額リボルビング方式より元本の返済が効率良く進むため、利息額を抑えたい時に適しています。

 

その代わりに毎月の約定返済額が高くなりやすいです。

 

〇 まとめ

多少利息額が増えても良いから毎月の返済を楽にしたい、毎月一定のほうが分かりやすくて良いという方は元利定額リボルビング方式、なるべく早く完済したい、利息額を抑えたいという方は元金定額リボルビング方式のカードローンが適しています。

 

しかし複数の返済方式に対応しており、自由に選べるというカードローンは少ないのが現状です。