カードローンの審査に落ちてしまった理由は?

 

カードローンはお金を借りる手段ですから審査があります。

 

審査である以上、落ちる人はいます。

 

では、どんな人が審査に落ちるのでしょうか。

 

一番多い例として、消費者金融の総量規制に引っかかる人が多いです。

 

自分は他のカードローンは一切申し込んでいないし、借入もないと言う人がなぜかカードローンの審査に落ちるのです。

 

このような人の中には、クレジットカードのキャッシング枠をいくつか申し込んでいる人が多いです。

 

クレジットカードの中には申込の際にキャッシング枠を申し込むことで特典があるケースがあります。

 

何か月かは申込の解約ができないようになっているため、申し込んだことを忘れている人が多いのです。

 

総量規制は、現在借りている金額だけではなく「その気になれば借りることができる金額」も対象に含まれます。

 

例えばクレジットカードの契約時にショッピング枠を50万円、キャッシング枠を30万円をもらえたとすると、すでに30万円分は他社からの借入れとなります。

 

借りていないのに理不尽だと言われるかもしれませんが、融資枠はいつでも借ることができるため借りていると考えないと確実な審査ができないのです。

 

これは、総量規制がある消費者金融だけではなく、総量規制と無関係な銀行系カードローンも同様です。

 

次に審査に落ちるパターンとして多いのが信用情報機関のデータが悪い人です。

 

ほとんどの方は消費者金融やクレジットカードの支払日に確実に支払をしています。

 

しかし、そんな人の中で支払遅延が多いと目立ちます。

 

当然「毎月支払っている」ことが当然だと考えている消費者金融がどのような対応をするかは言うまでないでしょう。

 

審査に落ちるとすぐにリベンジをしたくなりますが、何度も続けて申込をすると信用情報機関に登録されるため警戒されます。

 

この場合、2か月から3か月程度経ってから再度別の消費者金融で申込をすることをお勧めします。