就職内定者はカードローンができるのでしょうか?

 
消費者金融には収入がないと貸し付けができないという融資制限があります。

そのため、大学生の方でもアルバイトをしていれば融資を受けることは可能ですし、現実に高田馬場などにある学生金融では大学生向けの貸し付けを行っています。
しかし、多くの場合は社会人になってからカードローンなどの契約をすることが多いでしょう。
とはいえ、就職したからすぐに借入ができるとは限りません。

 

就職したときにすでにクレジットカードを持っていて、その支払状況が悪いと信用力が低いということで審査に落とされる可能性が高くなります。

 

また、新入社員の方は収入が少ないので、クレジットカードの利用限度額が多いと支払能力が不足していると判断される可能性があります。

 

この場合も審査では落とされます。

 

もちろん逆も真なりで、学生時代に契約したクレジットカードの利用限度額が少額であり、かつ利用代金を期日通り返済できていれば信用力が高くなっています。

 

学生時代の行動が社会人になってからの差につながるわけです。

 

つまり、就職したらすぐに消費者金融などで借りることができるという保証はありません。

 

では、学生時代にクレジットカードの利用が全くない場合はどうでしようか。

 

この場合は、審査で心配することはありません。

 

審査をする消費者金融で「スーパーホワイト」と呼んでいる、信用情報が全くない状態になります。

 

とはいえ、貸す側としても心配なので、融資限度額は最低限になるでしょうし、必ず職場に在籍確認の電話があります。

 

借入は可能ですが、その金額は多くないという結論になります。

 

さきほど述べた通り、信用情報によって審査は明暗が分かれます。

 

カードローンもクレジットカードも信用第一です。