マイナンバー制度でカードローンまたはキャッシングが知られる可能性はある?

 

すっかり生活に浸透し始めた【マイナンバー制度】ですが、マイナンバー制度でカードローンやキャッシングは周囲に知られる可能性はあるのでしょうか。

 

【マイナンバー制度】でのカードローンやキャッシングがバレるの可能性について探っていきます。

 

・【マイナンバー制度】は自治体のデータ

【マイナンバー制度】が持つデータは自治体のデータになります。

 

給与支払者は従業員のマイナンバーを国に報告していますので、納税状況は把握できそうです。

 

銀行や証券会社もマイナンバーの徴求を行なっていますので、税金面では脱税したりすると周囲に知られる可能性はあります。

 

・カードローン、キャッシングは【マイナンバー制度】ではバレない

カードローン、キャッシングの情報は信用情報機関に記録されていますが、この情報はマイナンバーとは連動していません。

 

ひょんな事で誰かのマイナンバーを知ったとしても、マイナンバーは国の機関以外では使い道が無いので、カードローン、キャッシングはマイナンバー制度で周囲に知られる可能性はゼロでしょう。

 

・【マイナンバー制度】より怖いもの

家族に内緒で借入をしているので、絶対に知られたくないという人が大多数でしょう。

 

そんな人は免許証の管理には気をつけてください。

 

お風呂に入っている時、家族に財布を開けられて免許証の写メを撮られたら終わりです。

 

信用情報機関に開示されて、借金がバレるので、マイナンバー制度よりも気をつけなければいけません。

 

【マイナンバー制度】で借金がバレる可能性はないでしょう。

 

マイナンバー制度より気をつけるのは家族です。

 

本気を出すとすぐにバレるので気をつけてください。