消費者金融の無担保ローンとはどんな内容なんでしょうか?

 
金融機関がお金を貸す際、一番気にするのが返済されなかった時の対応です。

住宅ローンのように担保があれば、最終的に担保を売却して貸付金の回収をすればいいのです。

しかし、消費者金融の場合は担保を取らずに融資をしています。

このようなローンを無担保ローンと言います。
担保を取るローンに対し、無担保ローンは万が一の際には回収ができないため、審査は慎重になります。

 

しかし、慎重になりすぎると貸付ができません。

 

そのため、金利を上げることで万が一の際の積み立てをしています。

 

金利の中には、金融機関の収益と積み立ての部分が含まれているのです。

 

では、無担保ローンはどうして成立するのでしょうか。

いくら保証料を取っても、貸倒になっても大丈夫ということはありません。

 

無担保ローンは、相手の収入を「担保」としています。

 

サラリーマンであれば給料です。

 

給料収入があるから返済ができるわけで、審査で職場への在籍確認の電話をする理由もこの給料の確実性を確認するためです。

 

無担保ローンは消費者金融だけだと思っている人も多いようですが、銀行でも無担保ローンが増加しています。

 

住宅ローン以外の個人向けローンのすべては無担保ローンだと言っていいでしょう。

 

しかし、銀行には無担保ローンの審査技術がありません。

 

そのため、保証会社として消費者金融や信販会社に審査を依頼していることがほとんどです。

 

銀行のローンなのにプロミスやアコムの名前を見ることがあるのはそのためです。

 

金融機関としては、担保を取らない貸付は万が一の貸倒に対する対応ができないため本来は避けたいものです。

 

しかし、利用者としては担保を入れたり保証人を依頼したりするのは面倒です。

 

無担保ローンはそのような利用者のニーズを反映してできたローン商品です。