消費者金融の無人契約機ATMで硬貨を扱わない理由は?

 

消費者金融から借りた後に必要なのが毎月の約定返済です。

 

この約定返済の最後には端数が出る事がありました。

 

ATMより返済する場合、硬貨の扱いができるATMなら端数が出ても問題ありません。

 

しかし無人契約機ATMでは硬貨は扱わない事が多くなっています。

 

なぜ硬貨を取扱わないのかその理由を説明していきます。

 

〇 硬貨の準備には手間がかかる

硬貨を扱うには当然ながら硬貨の準備が必要です。

 

1円玉、5円玉、10円玉、100円玉、500円玉と日本にはいくつかの硬貨があります。

 

全て十分な量の硬貨を準備するのでは手間がかかってしまうのです。

 

店頭窓口よりも無人契約機のほうが多い店舗数となっています。

 

全ての無人契約機ATMにて硬貨を取扱おうとすると大変な量が必要になってしまいます。

 

〇 硬貨によるトラブル防止

ATMにて硬貨を取扱うと詰るなどのトラブルが発生する事があります。

 

無人契約機ATMは店舗数が多いために、トラブルのたびに対応していたのでは大きな手間がかかってしまいます。

 

従業員が近くに居る店頭窓口と違い、無人契約機の場合はトラブルが発生してもすぐに対応する事ができません。

 

硬貨によるトラブル防止のために扱わない事が多いのです。

 

〇 ATM経費を抑えられる

トラブルに対応するには人件費など何かと経費がかかってしまいます。

 

さらに紙幣だけのATMより硬貨も扱えるATMのほうが高い導入費用が必要です。

 

ATM経費を抑えるため、硬貨を扱わない事が多くなっています。

 

〇 まとめ

無人契約機ATM以外でも硬貨を扱わないATMは多いです。

 

端数の返済を行う時は店頭窓口、または振込で返済するといった方法があります。

 

消費者金融によって異なるため、分からない時はサポートセンターなどに電話して質問すると良いでしょう。