プロミスと三井住友カードローンの違いはなんでしょうか?

 

プロミスと三井住友カードローンの違いはどこにあるのか?

プロミスは三井住友銀行の消費者金融、これは子会社であるSMBCコンシューマーファイナンス株式会社のブランドとなります。三井住友カードローンは三井住友銀行の銀行カードローンです。つまり同じ三井住友銀行係とはいえ、審査方法や金利など同じカードローンでも内容が違います。

 

カードローン内容、その具体的な違いは?

プロミスのカードは三井住友銀行でも使えるなど確かに親和性は高いのですが、当然ながら消費者金融である故、三井住友銀行カードローンより審査に時間がかからない分、金利は少し高めの設定になります。

 

プロミスの特徴としては、審査が早い、利便性が良い等が挙げられます。一方の三井住友銀行カードローンは、審査には通りにくいが、通ってしまえば金利も低く、総量規制対象外で借りる事ができるので、もうすでに他社の消費者金融やクレジットカード等で年収の三分の一まで借入済みの方には持ってこいのカードローンと言えるでしょう。

 

審査方法に違いはあるの?

プロミスは消費者金融独自の信用機関を使って審査しますし、三井住友銀行は銀行が利用する信用機関のデータを参照し審査するので少し方法は違いますが、審査の難易度から言えば当然プロミスのほうが審査がスムーズと言えます。

 

三井住友銀行と業務提携したプロミスのメリットは?

プロミスは、三井住友銀行と業務提携する事により資金面等の問題を解消し、経営安定化において大きなプラスとなりました。当然、銀行系の消費者金融であるというそのイメージ力も大きいと言えます。

 

また、三井住友銀行との業務提携により、これまで培ってきた業務戦略と顧客層へのアピール、三井住友銀行というネームバリューを最大限に利用し、新規顧客への開拓にも有利となりました。

 

プロミスを傘下とした三井住友銀行のメリットとは?

三井住友銀行は、新たな顧客拡大を推進していく中で、無担保個人向けカードローンへの参入を進めていました。しかし、三井住友銀行は、銀行であるが故に、やはり担保や保証人を必要とする金融商品を主力とし、その融資実績は順調でしたが、無担保で行う個人向けカードローンに関するノウハウを持っていませんでした。

 

そこで新たな再生を図ろうとしていたプロミスに目を付け、業務提携することで無担保個人向けカードローンを行う方法をよりグレードアップさせ、プロミスの顧客層に無担保で借りれる銀行カードローンをプロモーションできるようになったのです。

 

お互いWIN-WINの関係と言えるでしょう。そして三井住友銀行カードローンの公式HPにも記載されてる通り、プロミスが保証会社となっています。