プロミスのカードローン審査で有効な身分証明書とは?

 
プロミスでのカードローン審査の際、必要となる身分証明書

 

カードローンを利用するには身分証明書を提出する必要があります。

 

身分証明書として有効なものは各社によっても微妙に違いますが、基本的にはほとんど変わりありません。

 

そこで今回は、大手消費者金融の「プロミス」を利用すると仮定して解説していきます。

 

プロミスで有効となる身分証明書はコレっ!

プロミスで身分証明書として使えるのは以下の3点となります。

 

□ 免許証
□ パスポート
□ 健康保険証+住民票
プロミスでは、この3点のいずれか1つを身分証明書として提出することになります。

 

ただ、それぞれの書類に表記されている住所と現住所が異なっている場合、追加で以下の書類がいずれか1点必要になります。

 

□ 国税または地方税の領収書、もしくは納税証明書
□ 社会保険料の領収書
□ 公共料金の領収書
□ 住民票の写しまたは住民票の記載事項証明書
プロミスの場合であれば、身分証明書として上記のような書類を提出しますが、他社であっても大きくは変わりありません。

 

身分証明書を提出する際の注意点!

身分証明書を提出する際は、必ず現在有効なものを提出するようにしてください。

 

期限が切れているものや古いものですと、無効になってしまいます。そのため、提出前に期限切れになっていないかなど、しっかりと確認しておきましょう。

 

また、申込方法によって、写しを提出するのか、原本を提出するのかも変わってきますので要確認です。

 

まとめ

カードローンを利用するために必要な身分証明書は、どこの会社でも差ほど違いはありません。

 

おもに運転免許証やパスポート、健康保険証などが身分証明書として有効になります。最近では健康保険証など顔写真のないものは追加でもう一点証明書類の提出が必要になります。例えば住民票などです。

 

身分証明書は、どのカードローンでも必要になりますので事前に用意しておきましょう。