カードローンの名義変更は可能?結婚や改名した場合、新たに審査?

 

結婚や改名をした場合、カードローンの名義変更を行わなければいけません。

 

カードローンの名義変更をした場合、もう一度新たに審査が必要なのでしょうか。審査となるとそれに伴う証明書類などもう一度用意しなければならないのでしょうか?

 

カードローンの名義変更について解説します。

 

・再審査は行われる

カードローンの名義変更を行った場合、新たに審査が行われるかですが、大半のカードローン事業者が再審査を行う流れになります。

 

結婚をした場合、属性が変化してしまいますので、その属性でのカードローン審査をもう一度受けなければいけません。

 

ただし、結婚してもそのまま扶養に入るなどしない場合は、特に大きな影響はないだろうと考えられ審査が行われない場合はあります。

 

・名義変更を行わないのは規約違反

カードローンの規定には、名義変更、氏名変更があった場合は必ず変更の届け出を行うとされています。

 

名義変更を行わない場合は規約違反として、最悪カードが利用停止などの措置を受ける事があります。

 

借りた金額が返せなかった場合は、詐欺罪など法律に触れる事にもつながりませんので、名義変更は必ず行うようにして下さい。

 

複数のカードを持っていると、カードローンの名義変更も大変で面倒くさくなってしまいます。

 

名義変更を届け出ないのは規程違反になりますので、再審査が怖くても必ず名義変更届を行うようにしましょう。

 

行っていないとカードの停止措置など思わぬ不都合な事態に見舞われますので、名義変更は忘れないようにしてください。

 

名義変更以外にも長期利用となれば数年に一度は再審査のために収入証明を提出しなければならない場合もあります。