休職中でもカードローン審査は通過できる?

 

職場を少し長期期間中で休職をしている人はカードローンのニーズはより高まると思います。

 

休職中でもカードローン審査が通過できるか解説します。

 

休職中でもスコアリング審査は通りそうだが本審査が難しい

休職中でも会社に在籍はしていますので年収や勤務先情報の入力内容はそのままですから、スコアリング審査は通過する可能性があるでしょう。

 

問題は本審査に移った時の在籍確認です。

 

在籍確認の電話で休職中ですと答えられてしまうと審査に大きなマイナスになってしまいます。

 

休職中でも審査に通るには収入が必要

休職中でも給料の全額ではないにしても一部もらえているのであれば、それは立派な収入になります。

 

また本業の他に収入があるのであれば、それもまた審査対象となりますので、休職中であっても審査を通過することができるでしょう。

 

配偶者に収入がある場合は、配偶者の収入を考慮することが可能です。

 

各金融機関に問い合わせてみるといいでしょう。

 

クレジットカードのキャッシングを見直す

盲点になっているかもしれませんが、クレジットカードは契約の際に、キャッシングの契約も同時に行っているのでコンビニATMに差し込むだけで借り入れる事が可能です。

 

休職中で収入が無い事を考慮に入れ、クレジットカードのキャッシング機能で計画的に買い入れる事を行ってもいいかもしれません。

 

休職中は新たな借り入れは難しいでしょう。

 

既存のカードを見直すなりして、計画的に対処を行うようにして下さい。