消費者金融での借金は興信所で調べられたらバレる?

 

結婚、就職のタイミングで興信所の調査で消費者金融への借金がバレたらどうしようと不安を抱えている人は多くいると思います。

 

消費者金融といってもプロミスやアコムなどテレビCMで普通に放送されているものだとイメージは悪くないので知られても問題ないのでは?と思うかも知れませんが、やはりキャッシングというのは所詮借金でしかないのです。興信所に依頼した相手が年配の方なら尚更です。

 

興信所で消費者金融の借金がバレるかについて解説します。

 

・データからは把握出来ない

借金の情報は信用情報機関に登録されています。

 

この信用情報機関に興信所がアクセスできるかというと、金融機関などの審査の際以外には使えないことになっています。

 

アクセスするとログが残りますので、興信所が金融機関の職員にツテを持っていて情報を引き出すと行った事も行う事は出来ません。

 

データから興信所が消費者金融の借金を調べる事はまず不可能でしょう。

 

・バレるとしたらアナログ的な方法

興信所に借金の実態を把握される場合は尾行や通帳の履歴などを見られたなどのアナログ的な方法です。

 

消費者金融のATMを使っていると、借金をしている証拠が抑えられてしまいます。

 

返済方法を銀行口座から引落などにしていると、依頼者から興信所に通帳がわたる事によってバレてしまう事もあります。

 

ただし原始的な方法は労力がかかりますし、注意していれば防げることですので、興信所に借金をしている事を把握されるケースは少ないでしょう。

 

現在の個人情報保護の下では興信所でも借金の有無を掴むのは難しいようです。

 

消費者金融は個人情報の流出を行わないように配慮してくれますので、普通にしていれば興信所を介してもバレる心配はありませんので安心して利用するようにして下さい。