在籍確認の際の個人情報保護法はどうなる?

 
無担保ローンである消費者金融のカードローンは、返済原資の確認のために在籍確認が必須です。特に職場にいることを確実に確認できる職場への電話確認は、多くの消費者金融が利用しています。

しかし、最近は個人情報保護の観点から、在籍確認の電話が難しくなりました。

 

・ 昔は、個人あてに電話が会社にかかってきたとしても、本人に取り次ぎましたし、本人が留守であれば「出張で留守です」という回答をしていたものでした。

 

・ しかし、個人情報保護の観点からすると、電話の取次ぎもその人が職場に在籍していることを相手に知らせることになります。不在であることを明かせば「他人の個人情報を無断で開示した」と言われかねません。

 

・ ずいぶんと面倒な話になってしまったのですが、このように理由で個人あてにかかって来た電話を取り次がない会社も大手企業を中心に増加してきました。

 

しかし、これでは在籍確認ができず、審査が進みません。

 

・ そのため、大手消費者金融では職場への在籍確認の電話に代わる方法で在籍確認をする方法を採用しようとしています。

 

公式WEBで、これを最初に表示したのはモビットです。

 

・ 「WEB完結」という申込方法は、応対はすべてメールで済ませるという徹底ぶりで、職場への電話連絡なしなので安心です。

 

・ 勤務先名の表記されている健康保険証の提示と、引落銀行を三井住友銀行や三菱東京UFJ銀行に限定しているという条件はありますが、これを満たせば電話連絡をなしにすることができます。国民健康保険の方はこの方法では審査はできません。通常の審査となります。

 

・ プロミスでも同様の申込方法を設定していますし、アコムでも申込確認の電話があった際に依頼すれば、健康保険証などの確認をすることを条件にして在籍確認の電話を省略しています。ですが最近では健康保険証など顔写真のない証明書に関してはもう一点証明書類を追加する必要があります。例えば住民票などです。

 

とはいえ、いくら在籍確認の電話をしたくても取り次いでもらえなければ意味がありません。