金融ブラックの状態について解説!その信用情報としての記録はいつまで保存?

 

あまり聞いたことがないかも知れませんが金融ブラックについて紹介します。

 

金融ブラックとはどのような状況なのでしょうか?その状態は長く続くのでしょうか?。

 

金融ブラックの原因となる事故情報の記録年数と共に紹介します。

 

・金融ブラックとは審査に通らない期間

金融ブラックは金融機関の審査に通らない期間を言います。

 

主に長期間(2〜3か月)の延滞、債務整理を行なった時に信用情報機関に記録され、金融ブラックに指定されます。

 

金融ブラックに指定されると、銀行はおろか、消費者金融、クレジットカード会社、奨学金の保証人、ひいては引越しの際の保証会社審査に影響が出て来ます。

 

・金融ブラックが記録される年数

日本には三社信用情報を取り扱う機関が存在し、保存年限は各社若干仕組みが違います。。

 

長期延滞に関する情報は三社とも五年間です。

 

5年間経てば記録は上書きされ、金融ブラックの状態は解除されます。

 

自己破産の場合は、CICとJICCは5年間、KSCは10年間です。

 

KSCは銀行・信用金庫が会員になっている信用情報機関です。

 

債務整理を行った金融ブラックでは、5年後にはクレジットカード・キャッシングを持つことが出来ますが、10年間は銀行・信用金庫に絡むローンを組む事ができません。

 

10年と言う期間は結構長い期間です。

 

債務整理を行う時は今後の将来の事を考えて行うようにしましょう。

 

金融ブラックになるとろくなことになりません。

 

延滞は行わない様、金融ブラックに登録されない様に常日頃から注意して利用する様にしてください。