携帯電話の分割購入後に滞納すると危険!キャッシング審査で重視している理由

 

携帯電話では一括購入、または分割購入ができます。

 

分割購入はクレジット契約となるため、審査に通る事が必要です。

 

実質ゼロ円となる携帯電話会社であっても、クレジット契約である点では同じとなっています。

 

この分割購入後に滞納するとキャッシングなどの審査が厳しくなってしまいます。

 

スマートフォンなど携帯電話がカードローンの申込みに大きく影響する場合があります。どう影響するのか気になると思うのでこのページで紹介します。

 

〇 滞納すると信用が落ちる

キャッシング審査で重視しているのが信用です。

 

信用の高い方は問題ありませんが、信用の低い方は審査に落ちやすくなります。

 

携帯電話の料金支払を滞納すると信用が落ちてしまうのです。

 

なぜ信用を重視するのか、それは担保や保証人不要で貸付を行っているからです。

 

信用の低い方に貸付を行い、返済が困難になると回収するのが大変になってしまいます。

 

〇 ブラックリスト入りとなる

携帯電話の料金支払を滞納するとブラックリストに入ってしまいます。

 

ブラックリストは信用情報に登録される事故情報の事です。

 

事故情報には支払の長期滞納、債務整理、代位弁済などがあります。

 

1日2日遅れた程度なら大丈夫ですが、何か月も滞納するとブラックリストに入ります。

 

キャッシング審査では信用情報によって申込者の信用を見ています。

 

ブラックリストに入っている申込者は著しく信用が落ちるため、審査に通る見込みが殆ど無くなってしまうのです。

 

CIC、JICC、KSCと日本には信用情報を扱っている信用情報機関が3つあります。

 

多くの携帯電話会社で加盟しているのがCICです。

 

CRINシステムにより情報が共有化されているため、JICCやKSCなら大丈夫という訳ではありません。

 

〇 まとめ

ブラックリスト入りすると厳しくなるのはキャッシング審査だけではありません。

 

住宅ローンや教育ローン、カードローンなど様々なローン審査も厳しくなります。

 

クレジットカードの審査も厳しくなるため、支払の遅れには注意して下さい。