カードローンの仮審査と本審査の違いはなんでしょう?

 

プロミスと始めとして大手の消費者金融のカードローン審査には、仮審査と本審査の2つに分割されてる場合があります。

 

そして仮審査と本審査の意味合いも消費者金融毎に多少の違いがあったりします。

 

・カードローンの仮審査とは?

仮審査とは、コンピューターによって素早く簡易審査を行います。

 

プロミス等、大手の消費者金融であれば、仮審査の時間は30分前後でしょう。

 

仮審査という名前が付けられているため、断片的な審査のみだろうというイメージを抱きがちですが、第一ステップとなる仮審査はとても大事なポイントとなり、申し込み欄に記入された個人情報の項目をチェックします。

 

ここでいう個人情報とは、住所や連絡先、性別、勤続年数、年収など融資に関係する情報を指します。

 

消費者金融によっては、個人信用情報のほうもこの段階で照会する場合もあるようです。

 

個人の信用情報とは、CICJICCといった信用情報機関に登録されてる個人の借入履歴になります。

 

これらの情報機関では過去から現在までの他社からの借入件数や借入金額、そして、延滞情報などが一目でわかります。さらには携帯電話の支払い状況もこの信用情報機関で確認されます。携帯電話の機種を一括で支払っている方は問題ありませんが、分割で支払いをされている方は分割返済と同じなので気をつけましょう。

 

こういったいくつかの項目をスコア化して、その点数が基準にまで達していない場合は、審査に落ちてしまいます。

 

消費者金融それぞれで、基準とされてる点数は異なるため、巷でいうような、あそこの金融は審査が甘い、誰でも借りれるみたいだよ、なんて噂がたつのはこのためです。

 

そして、この信用情報機関には、カードローンで実際にお金を借りなくても、審査申し込みをしただけでも記録に残されてしまいます。審査に落ちた場合でも残ります。

 

・よく聞く「申し込みブラック」という言葉をご存じでしょうか?

一度ここに記録されてしまうと、およそ半年は残るため、複数のカードローンに短期間で申し込みしてしまうと、この申し込みブラック判定となってしまいます。

 

次に在籍確認ですが、殆どの大手の消費者金融では本審査の最後のステップとして職場の在籍確認をしますが、稀ですが仮審査で行う金融もあるようです。

 

プロミスやアコム、モビットは本審査に通過してからになるので安心です。

 

こうして諸々の仮審査を終え、問題がないとみなされれば本審査に移行します。

 

仮審査の結果は、電話やメールで通知がいきます。

 

ちなみに利用可能額や借り入れ金利なども仮審査で決まる事もあるため、ここで通知されるケースもあります。

 

・カードローンの本審査の内容とは?

仮審査の段階で信用情報などはチェックされてるので、本審査では最後の意思確認が大きなポイントとなってきます。

 

稀に本審査が厳しいとされるのは、申込み内容に不備や虚偽の内容が発見された場合が挙げられます。

 

この本審査と呼ばれる行程が終了すれば、晴れてカードローン・キャッシングが利用できるようになります。

 

このあとは、お好みに合わせて、銀行振り込みによる融資、ATMなどからカードによる融資が選べるようになっています。

 

最近、プロミスではプリペイドカードでの借入もできるサービスが始まったり、その借り入れスタイルも多様化してきています。