キャッシング審査でできるだけ確実に通る方法をいくつか

 
キャッシングの審査内容は基本的には公表されていませんし、教えてもらうことは決してありません。

 

ですが、審査での質問事項や、審査に必要な情報などからある程度はわかるようになっています。

 

ここではいくつか審査に通る確率が上がる方法を紹介します。

 

消費者金融でキャッシングを利用するのに条件があります。

 

まずはこの条件をクリアしているかどうかが大前提になります。

 

・20歳以上か。(年齢制限)

 

未成年は消費者金融でお金を借りる事はできません。また年齢制限としては69歳以上の方も利用はできません。例え働いていて収入があってもです。

 

・安定した収入があるか。(働いているか)

 

無職ではもちろん利用はできませんが、働いていても毎月の収入が不安定だと判断されてしまえば利用することはできません。

 

また、専業主婦も利用できません。例え御主人に収入があっても無職と同じ扱いになってしまうので利用はできません。

 

年収の額は審査においても、借入れ可能額やその後の返済額を決める上でも重要な情報です。

 

年収の額を入力しておきながら、働いている事を証明できない無職の場合ですと、虚偽の報告になります。

 

借入れ可能額は年収の額によってある程度決められます。貸金業法という法律により、総量規制が定められています。

 

消費者金融で借りられる金額が年収の3分の1までとなったので、年収が450万円の方は150万円が上限となります。

 

そして、月々の返済額も年収を月毎の収入によって上限が決められます。分割返済をできるだけ早く完済しようとして、返済額を高額にしてしまうとすぐに無理が生じてしまい、返済が遅れてしまうことになるので、バランスを重視されます。

 

未成年、もしくは無職。このふたつに関しては当然審査に通ることはありません。むしろ審査以前の問題なので、申し込みをする前に各自判断をしましょう。

 

「それでももしかしたら審査に通るかもしれない」という甘い考えの方、そんなのは無審査の危険な闇金以外にはありません。決してオススメはしません。利息がとんでもない額になって、いつまで経っても完済できないどころか、どんどん借金が増えていくことが予想されます。

 

契約後も安心して利用ができる大手の消費者金融に申込むのがベストです。