住基カードでお金を借りれる消費者金融はあるのでしょうか?

 

身分証として多く使われる運転免許証ですが、最近は運転免許証を持っていない人も増えています。

 

特に都市部では、車に乗る機会が少なく、運転免許証がなくても支障をきたすということはありません。

 

しかし、カードローン申し込み時には、身分証明書が必要になり、運転免許証、パスポート、健康保険証などを用意することになります。

 

金融機関からお金を借りる際に、この身分証明証がなければ融資を受けることはできません。

 

ここで、住基カードで融資してもらえないか。という方もいます。どうでしょうか?

 

住基カードというのは、「住民基本台帳カード」という正式名称で、役所から発行してもらうICカードのことです。

 

また、このカードには写真付きとそうでないタイプがあり、写真付きの住基カードであれば身分証明書として認めてもらえます。

 

なので、運転免許証やパスポート、健康保険証をお持ちでない方は、写真付きの住基カードが利用可能です。

 

【耳寄り情報】健康保険証だけでも融資してもらえる? 

平成28年10月1日に犯罪収益移転防止法が改正されました。それにより、顔写真のない健康保険証を身分証明書として利用する際には、住民票などの本人確認書類も併せて提出しなければなりません。

 

住基カードで融資可能なカードローン

住基カードのみでも、安定した収入があればキャッシングを利用することはできます。

 

住基カードで借りられるところは、怪しいか?そんなことはありません。

 

大手の消費者金融やネガバンクなどで安心してキャッシング可能なところです。

 

住基カードを身分証明書として受け付けてもらえるかどうかは、金融機関によって異なります。

 

希望しているカードローンがある場合は、先ずは相談をしましょう。

 

住基カードで融資してもらえないカードローン 

住基カードを身分証明書として認めてもらえない理由の一つに、簡単に偽造が出来ることが挙げられます。

 

モビットやアコムでは、運転免許証、パスポート、健康保険証を用意しなければなりません。

 

プロミスはOKです。

 

住基カードの申請手続き方法

住基カードはどこで発行してもらえるのか。

 

それは、お住いの役所で交付してもらえます。直接役所に行って、交付手続きをします。

 

ここでポイントになるのが、顔写真付きの住基カードを作成してもらうということです。

 

申し込みの際に選択が可能ですので、顔写真付きの住基カードを交付してもらいましょう。

 

この申請の際に必要となるものが以下です。
【顔写真】
前述した顔写真付きの住基カードを作成する際に必要になります。
【本人確認書類】
運転免許証、パスポート、健康保険証、年金手帳、預金通帳、療育手帳、在留カードなど
【手数料】
500円程度※役所によって異なります。
無料のところもあるようです。

 

おまけ話 

在籍確認なしのカードローンについて 

 

カードローンを申し込むと必ず必要になるのが、勤務先への在籍確認の電話です。

 

その確認の際に、勤務先が休業日だったり、在籍確認に応じないなどの規則がある会社の場合は、在籍確認が取れなかったということでそこで審査が止まってしまうこともあります。

 

もし、在籍確認について会社の事情などがある方は、申し込み後にかかってくる電話連絡で担当オペレーターに相談をするとよいでしょう。