カードローンとキャッシング、それぞれのメリット、デメリットを比較

 
カードローンとキャッシングはどんな違いがあるのでしょうか?どちらも消費者金融の用語として使われていますが実は言葉の違いだけでなくどれぞれ特徴が異なりめりっと・デメリットが違ってきますのでこちらに紹介します。
カードローンとキャッシングは共にお金を借りる手段という点では共通していますが、返済方法が違います。

カードローンは分割払いなので毎月の返済額が少ない半面、利率が高いこともあり返済期間は長期化します。

 

これに対し、クレジットカードなどに付帯しているキャッシングサービスは基本的に1回払いなので返済額が大きくなる半面、返済してしまえば後の心配はいりません。

 

両者にはこのようにメリットもデメリットもありますが、ちょっと極端に過ぎる部分もあります。

 

一般的な消費者金融のカードローンは、毎月の返済額が利用額の5%程度と非常に少なく、返済期間が長期化しがちです。その間に支払が苦しくなったり、他の買い物をしてしまったりすることも少なくありません。

 

このようなことを避けるためには、繰上返済を使うことが必要です。

 

毎月の支払日に予定を立てて多めに支払ことでも可能ですが、給料日前にお金を使わずに節約することで繰上返済をすることも可能です。

 

ただし繰上返済にも一つでメリットがあります。コンビニATMでも繰上返済は可能ですが、手数料が必要です。銀行振込でも可能ですが手数料が必要です。

 

このようなデメリットを避ける一つの方法として、プロミスではネットバンキングを使った返済を準備しています。

 

大手銀行に口座を持ち、ネットバンキングができるようにしてあれば、デビットカードで買い物をするように繰上返済ができるのです。当然振込手数料は不要です。

 

このように繰上返済を手数料無料ですることで、カードローンの返済期間が長引くこともなくなりますし、クレジットカードなどのキャッシングサービスのように返済請求が一気にきて返済資金をどうするか悩むようなこともなくなります。