カードローンの月々の返済が苦しい時はどうすればいい?

 

カードローンの月々の返済が苦しくなった、こんな時どの様に改善すればいいでしょうか。

 

当初の予定では払える範囲での返済額の設定でも、給与の変化、増えてくるローンなど、月々の支払い額もなにかと重なってきます。

 

しかし、返済をしないで放置をしておくと、より借金が膨らみ払えなくなります。

 

カードローンの月々の返済が苦しくなった時の対応方法について解説します。

 

・月々の返済が苦しくなった時はおまとめローン

カードローンは借入社数が多いほど、毎月の返済箇所が増え、返済額も増えていきます。

 

まずはおまとめローンでの一本化できないか検討してみましょう。

 

銀行のおまとめローンだけでなく、消費者金融のおまとめローンも検討すると改善します。

 

・月々の支払いが苦しくなった時はとにかく節約

何故月々の支払いが苦しくなるのかというと、毎月の収入と支出のバランスがおかしいからです。

 

収入が足りてなくて生活が苦しいから借入を行うと、次の月は金利を払うためより月々の支払いは厳しくなります。

 

この様な悪循環を断ち切るためには、徹底的な節約が必要です。

 

無理をしてでも返すくらいの気持ちで、一切の無駄遣いをやめましょう。

 

・それでもダメなら債務整理

月々の支払いがきつくなった時、最後の砦は債務整理です。

 

債務整理については自己破産と個人再生、そして任意整理の3種になります。

 

任意整理は借金の減額幅も低く、手数料ばかりかかり解決にはなりません。

 

自己破産できるほど債務が増えているかを調べて、検討してみるといいでしょう。

 

月々の支払いが苦しい時は、一本化と徹底節約から始めてください。

 

債務整理は最後の砦です。

 

まずは生活改善から始めるといいでしょう。