消費者金融の返済はどれだけ大事なのか?

 
返済額はどうやって決める?

プロミスに申し込む際に、借りる側からするとあまり考えていないのが返済に関して。

 

「とにかく借りることができれば」と返すことは考えないまま契約してしまう。

 

しかし、お金を貸す側の消費者金融からすると返済の約束がしっかりと決められない限り貸すことはない。

 

毎月の返済額、返済期日、返済の利息。毎月の返済日もそう。

 

決めていかなければならないことは多い。

 

しかしこのあたりは借りる側はほとんど耳に入ってこない。

 

まずは最初に、実際に返済能力があるかどうかを確かめるために在籍確認の審査は行われる。

 

これが実は最も重要な審査といっても過言ではない。無職は絶対に利用することはできない。

 

申し込み時に入力された勤務先の情報で間違い無いかを確かめることは、毎月の収入があることを確かめることになる。

 

年収に関しては自己申告でなく収入証明書を提示することで確実に伝わる。

 

ちなみに50万円までの借入なら、収入証明書の提示は必要ない。

 

なぜなら総量規制により、消費者金融では年収の3分の1までしか融資ができない。

 

50万円までの借入なら年収の金額とは関係なく、少額融資という扱いなので免除される。

 

例えば、150万円の借入を希望した場合は、年収が450万円以上でないと厳しくなる。

 

年収がわかる給与明細や源泉徴収票、または確定申告書などの提示が必要になってくる。

 

年収がわかったところで、毎月入ってくる給与が把握できる。月々の返済額は年収によって決められる。

 

とにかく早く完済するために月々の返済額を高めに設定すると無理が生じてくる。

 

消費者金融を利用する上で最もやってはいけない事が「返済の遅れ」だ。

 

自分のためにも是非守らなければならない事だ。

 

遅延が繰り返されたり、悪質だったりすると、いわゆるブラックリストという「信用情報機関」に載ってしまう。

 

こうなると社会的信用に影響してくるというのは決して大袈裟な話ではなくなる。

 

個人の信用度を計るために、多くの企業はこの「信用情報機関」を利用する。

 

銀行や消費者金融だけではない。クレジットカード、スマートフォンなど携帯電話の契約。さらには賃貸契約など。

 

お金が関わってくることに関してはすべて情報が関わってくる。

 

また、携帯電話の毎月の支払いでも、遅れてしまうと「信用情報機関」に載ってしまうので、気をつけたいところ。

 

プロミスをはじめ、消費者金融や銀行、クレジットカードを利用するなら返済はとても重要だということだ。