カードローンの返済が遅れるとどうなるのでしょう?

 
消費者金融の返済が遅れるとちょっと面倒なことになります。
まず、督促があります。

これは言うまでないことですが、消費者金融の返済方法としてコンビニATMを利用している人は、期日翌日に自分の携帯電話に連絡があります。

 

これは結構プレッシャーになりますし、場合によっては職場の同僚や上司に消費者金融の利用がバレる原因にもなります。

 

次に信用情報機関に登録されてしまうデメリットがあります。

信用情報機関のデータは、ただ単に自己破産などの自己履歴や契約済の消費者金融や信販会社が表示されるだけではありません。

 

毎月の返済状況がどうなっているかも表示されるのです。

 

表示期間は24か月、つまり2年間です。

 

一度支払が遅れると、その実績が信用情報機関に登録され、かつその実績が残り続けるのです。

 

また、それだけではなく将来その消費者金融で増枠申請をしようとする場合は、支払が遅れた事績があると審査で不利になります。

 

多くの人は、消費者金融で支払が1回程度遅れてもすぐに支払をすれば全く問題がないと思っているようですが大間違いです。

 

消費者金融の利用者のほとんどの方は期日通り毎回支払いをしています。

 

つまり、支払が遅れた実績があるだけで、そのような人たちに比べて審査上ハンディキャップを背負うことになります。

 

ちなみに、いわゆるブラックリストというのはこの「信用情報機関」に3ヶ月を超える遅延があった場合に別扱いになってしまうことです。ほとんどの金融関連業者がチェックする情報機関ですので、新規で申し込んでも審査を通ることはできなくなります。それは他の消費者金融だけでなく銀行、クレジットカード会社、信販会社、そして携帯会社も厳しくなります。

 

いわゆる「ブラックリスト」と呼ばれるものです。こうなってしまうと5年間は消えない情報として様々な方面に影響が出ることになります。自分が過去に遅延を繰り返していた可能性があり、このブラックリストとして残っているかを知りたい場合は直接信用情報機関に問い合わせることが出来ます。「CIC」もしくは「JICC」が管理している信用情報機関になります。

 

このように消費者金融の支払が遅れることは大きなデメリットになります。

また、支払の督促を受けても支払をしない人に対しては、更に督促が強化され、職場への電話や訪問と言った手段を取られます。

 

支払がきついという事態になったら、支払期日前に消費者金融に連絡をしてどのように対処すればいいかを相談することが大切です。