過払い金の原因となった「グレーゾーン金利」って何?

 

グレーゾーン金利って借金をしたことがない人でも一度は聞いたことあるかと思います。

 

テレビコマーシャルでも繰り返し放送されていた時期がありましたね。昭和の時代の金融の印象でもあります。

 

グレーゾーン金利についてスッキリわかるように解説します。

 

・グレーゾーン金利は貸金業法違反

貸金業法の金利は昔も今も18%で変わりありません。

 

にもかかわらず、多くの消費者金融は29.2%で営業していました。

 

何故29.2%で営業していたかと言うと、「罰則が発生するのが29.2%以上」という別の法律があったからです。

 

・つまりグレーゾーン金利は全然グレーゾーンじゃない

昔から消費者金融は貸金業法が法律でしたから、貸金業法は守らないといけません。

 

にもかかわらず、長年の慣習で違法のままの金利で融資を続けていたのです。

 

グレーゾーンと言うと判断が半分半分くらいかと思いますが、どこからどうみてもアウトな行為を延々と続けて、行政もそれを見過ごしてきた実態が続いていました。

 

・グレーゾーン金利のような違法が通るわけがない

長く違法性が指摘されていたグレーゾーン金利ですが、契約書を結んでいるので泣き寝入りをしていた人が大半でした。

 

そんな中、裁判所は画期的な判決を出します。

 

それは、

 

○グレーゾーン金利で結んだ契約書は無効である
○金利は貸金業法に基づき計算し直して、余分は消費者に返す事

 

の2点です。

 

これが今日の過払金発生になります。

 

過払金は今では殆ど発生しなくなっています。

 

グレーゾーン金利で営業するところも皆無です。

 

グレーゾーン金利で営業しているところは闇金ですので、近づかないようにしましょう。