銀行カードローン、即日融資サービスが停止に!縮小するカードローン

 

銀行カードローンは消費者金融が総量規制によって貸付が制限される中で、法律の違いから制限が緩かったということもあって貸付額が増額、そして消費者金融の貸付額よりも銀行カードローンの貸付額が多いという逆転現象が起きました。

 

それを行政も問題視するようになり、銀行業界は全体として自主規制の流れにあります。

 

その一つが銀行カードローンにおける即日融資の停止です。

 

これは反射会的勢力への貸付などを防ぐために審査の厳格化を行うということで実施されるものであり、現在は移行機関として実施している会社もありますが広告などではすでに即日融資やそれに類する文句は使われないようになっています。

 

自主規制の内容はその他にも、総量規制対象外だった銀行カードローンの貸付額で上限を定める物や、収入確認書類の提出を明確化するなど多義に渡ります。

 

こういた動きは自主規制ではありますが、業界として法規制にならないために厳しく動いているので、今後は即日融資の停止や貸付額の上限を設定するなど規制が強くなりカードローンの縮小ということになっていくでしょう。

 

ちなみいに消費者金融ではこういった動きは現在ありません。銀行と比べて制限されていることありますし、全体的に規制の効果がでており会社の数自体減っているためです。

 

ただ今後の流れについてはわからないというのが正直なところで、銀行カードローン自主規制の流れを受けてなにかしらの規制が行われる可能性もあります。