消費者金融に銀行のグループが多いのは何故?

 

大手消費者金融は○○銀行のグループということが多いです。

 

CMやホームページ等でも消費者金融の名前と一緒に銀行の名前も表記されています。

 

今回はなぜ○○銀行のグループに入っているのか、その理由について解説していきます。

 

○ グレーゾーン金利が廃止となった

過去の消費者金融ではグレーゾーン金利を設定していました。

 

利息制限法の上限金利以上、出資法の上限金利以下なのが、グレーゾーン金利です。

 

出資法の上限金利が29.2%だったため、25%ほどの高金利が普通に設定されていました。

 

ところが、出資法の上限金利の見直しにより、20%まで引き下げされたため、グレーゾーン金利は事実上廃止となったのです。

 

20%以上の高金利で貸付すると出資法違反に問われます。

 

○ 過払い金請求で業績が悪化

グレーゾーン金利で借りていた顧客は、払いすぎた利息分を取り戻せるようになりました。

 

顧客から過払い金請求が来たら、消費者金融は返還しないといけません。

 

大幅な金利引き下げが必要になったこと、過払い金請求によって返還が必要になったことで、消費者金融の業績が悪化しました。

 

中には倒産した大手消費者金融もあります。

 

自力で立て直すのが困難になり、銀行からの支援が必要になる消費者金融が増えました。

 

そのため、現在では○○銀行のグループという大手消費者金融が見られるのです。

 

○ どの消費者金融がどの銀行グループ?

主な大手消費者金融と銀行グループの関係は次をご覧下さい。

消費者金融名 銀行グループ名
プロミス 三井住友銀行グループ
SMBCモビット 三井住友銀行グループ
アコム 三菱UFJフィナンシャルグループ
ノーローン 新生銀行グループ
アイフル 銀行グループ無し・独自

中にはアイフルのように銀行グループに入らず、独自の消費者金融会社もあります。

 

○ まとめ

消費者金融が○○銀行のグループである理由をここまで紹介してきました。

 

消費者金融はグレーゾーン金利というイメージがあるでしょうが、現在では20%までの金利です。

 

もし、20%を超える金融業者の場合は、違法なので借りないようにしましょう。