カードローンの利用は住宅ローンなど銀行の審査に影響するのでしょうか?

 

カードローンの利用で住宅ローン申し込み審査にどのように影響するのでしょうか。

 

住宅ローン審査も年々厳しくなくなっているようなので、そんなに影響しないといった話もたまに聞きます。とはいえ他社での借金という扱いになっていると、高額のローン審査には影響すると考えられます。

 

カードローン利用時の住宅ローン審査への影響について解説します。

 

・影響は住宅ローンを組む銀行による

カードローン利用時の住宅ローン審査は銀行によって扱いが千差万別です。

 

金利が安く、人気の住宅ローンほど審査が難しくなるため、カードローン利用がマイナスに査定されやすくなります。

 

住宅ローンの借入期間、固定金利、変動金利という細かい違いで審査結果は動いていく事になります。

 

・基本的にはカードローンはマイナスの影響

昨今はあまり住宅ローン審査に影響がないと考えている人も居ますが、基本的にカードローン利用は住宅ローン審査でマイナスです。

 

少なくともプラスになる事はありません。

 

融資はされても自分が組みたい住宅ローンの期間、金利での借入ができなくなる可能性が高まります。

 

融資は受けられてもコストが高くなれば、影響はないとは言えないでしょう。

 

・住宅ローン申込審査の前にはカードローンは解約が望ましい?

住宅ローン審査は一生に一度の重要なイベントです。

 

審査に悔いを残さない為にカードローンは完済して、カードの解約を行うのが良いのではないでしょうか。

 

解約を行うことで大きなひとつの影響が排除されます。

 

確実に審査を通すのであれば忘れずに解約を行うように気を付けるのがよいでしょう。

 

住宅ローン審査は希望の条件で通りたいものです。

 

カードローンを見直し、解約を行なってから挑んでください。