プロミスが銀行の子会社である理由とは?

 

プロミスが銀行の子会社である理由を紹介します。

 

消費者金融と銀行がただ協力して提携しているだけでなく、銀行の子会社であることは一般の方にはあまり知られていないようです。

 

プロミスという名称はブランド名であり、会社名ではありません。

 

正式な会社名は「SMBCコンシューマーファイナンス株式会社」

 

実は旧社名である「プロミス」を使っているのは昔から認識されている名称だから。

 

そして親会社なのが「三井住友フィナンシャルグループ」である三井住友銀行なんです。

 

では、銀行と組むことになった理由はなんでしょうか?

 

銀行と組んでいる消費者金融は数社しかありません。銀行の力を借りることによって生き残ることができた消費者金融。

 

生き残るために必要だったのには総量規制という理由があります。

 

以前はもっと多くの消費者金融が存在し、簡単にキャッシングができるような状態でした。

 

しかし簡単にお金を借りる事ができてしまうと「借り過ぎ」が起こってしまい、多重債務者、そして自己破産者を大量に生み出す結果になりました。

 

行き過ぎたキャッシングのために法律が制定されて「貸金業法」、そして「総量規制」が生まれました。

 

消費者金融に課せられたのは、簡単に貸すことができなくなった事と、簡単に金利を引き上げることができなくなったこと。

 

半ば強引にあげていた利益で得ていた収入が激減し、多くの消費者金融が廃業となっていきました。

 

三井住友銀行をパートナーに選んだプロミスは、なにより銀行の持つ安心感を受けることになり、それまでの消費者金融の良くないイメージを払拭することが出来たことで再び大手として復活しています。

 

他では、

 

アコムは、三菱東京UFJ銀行であり、そしてモビットは三井住友銀行グループと組むことで、イメージを良いものに変えることに成功しています。

 

どちらも消費者金融の形態をとっているので、総量規制の対象になっています。

 

しかし、レイクに関しては新生銀行がパートナーですが、完全に銀行に吸収されおり、レイクという名前だけを残してい続けているので、実は消費者金融ではないのです。そのため総量規制の対象外になっています。

 

アイフルに関しては銀行と提携していないので、総量規制の対象なっています。