カードローンは同時に何社まで借りれるのでしょうか?

 

カードローンの契約社数が増えてしまうと、何社まで借りられるか不安になりますよね。

 

カードローンは何社まで借りられるか、複数社の同時申し込みは可能かについて解説します。

 

・何社まで借りられるといった具体的な決まりはないが、おおむね5社は厳しい

銀行カードローン、消費者金融カードローンすべて合わせて5社程度を超えてしまうと、借入額によらず新たな借り入れは厳しいとされています。

 

審査では借入総額よりも借入社数を重視する傾向があるからです。

 

借入総額が大きくても1社にまとまっていると、月々の最低返済額は少額になりますが、借入社数が多いと最低返済額の多寡も上がり、更に返済が煩雑になり延滞しがちになります。

 

借入社数が多い事は、消費者金融、銀行共に審査で大きなマイナスポイントになりがちなのです。

 

・複数社の同時申し込みは止めた方がいい

1社の審査に通過するかわからないから複数社に申し込む人が居ますが、これは行わない方がいいでしょう。

 

審査の最後の方で信用情報機関のチェックを行いますが、信用情報機関は何処の金融機関が貴方の情報にアクセスしたか記録が残るようになっています。

 

先に審査に通過した金融機関の情報を見て、後に審査に通過した金融機関は審査を断る、もしくは金融機関同士の確認の連絡で複数社申し込みをしていることがばれてしまい、両方とも断られる事があります。

 

申込ブラックと呼ばれる状態で、複数社の申し込みは資金を引っ張り夜逃げするつもりかと訝しげに思われ、審査に通らなくなりますので絶対に行わないようにして下さい。

 

借入社数は少なく、複数社同時申し込みは行わないのが基本です。

 

しかし、そもそも複数社を同時期に申込むこと自体が間違っている理由は、消費者金融、信販会社、クレジットカード会社、そして銀行などほとんどの金融機関は同じ情報を共有しているので、1度審査に落とされるようであれば他社でも同様に落とされる可能性はあるので気をつけましょう。