フリーランス向けカードローンのメリット・デメリットとは?

 

企業に属さないフリーランスは最近の働き方の流行りです。

 

独立して起業するほどでもないけれど、自分のペースで働きたいという方は増えてきています。そんなフリーランスの強い味方がフリーランス向けのカードローンになります。

 

フリーランス向けのカードローンの、メリット・デメリットについて解説します。

 

・フリーランス向けのカードローンとは

以前に比べインターネットの普及によりフリーでも仕事がしやすい環境ができるようになっています。

 

それだけにフリーランスの方も急増していますが、それに銀行やクレジットカード会社、信販会社などの対応が追いついていない部分もあるようです。

 

フリーランスの方も事業資金はやはり必要なのではないでしょうか。

 

フリーランス向けのカードローンとは、フリーランス専用で事業資金を貸してくれるローンになります。

 

従来の消費者金融が行うカードローンサービスは会社員の為のもので、フリーランス職種の人の使い勝手は必ずしもいいものではありませんでした。

 

働き方が多様化してフリーランスという職業が増えたことにより、ローンも多様化してきたのです。

 

・フリーランスローンのメリット

フリーランスローンは言うならば事業者ローンになります。

 

事業者に対する貸付は総量規制の例外として処理できますので、年収の3分の1という縛りを受けないで融資を受ける事が可能です。

 

・フリーランスローンのデメリット

フリーランスローンのデメリットは、収入証明書が必要、金利は高い、審査がイマイチ通りにくいといったデメリットが発生します。

 

特に審査はフリーランス職でキチンと稼げているか、そして安定した収入が毎月あるかどうかが重要になります。

 

稼げていないとみなされると、どんどん審査に落ちますので結局のところ安定した収入が大切だったりしますし、それを証明できないと融資はしてもらえません。

 

フリーランスといっても個人事業ですから手元資金が無いと、何も行う事が出来ません。個人と違って必要なお金はまとまった額の事業資金です。

 

お金に困っていない時から、計画的に資金調達の方法を検討しておきましょう。