カードローンご利用者の男女比とその特徴について

 

プロミス等、大手の消費者金融でのカードローンの利用者について、その男女比は一体どれくらいかと言えば、7:3で男性の方が多いのです。

 

それでは、

女性と男性ではカードローン審査に違いがある?

審査そのものに男女の違いが影響が出る事はありません。

 

しかし、女性で専業主婦等の場合は審査に大きく影響します。

 

カードローンは専業主婦でも利用可能か?

専業主婦がカードローンを利用するのを禁止しているプロミスやアコムなどような消費者金融機関はあります。

 

総量規制という観点からそうなっています。消費者金融機関のローンというのは、年収の3分の1までという借入限度が法律によって導入されています。

 

そのため、現在は、年収が0円である専業主婦はカードローンを利用出来ないことになっています。

 

しかしながら、銀行によってはカードローンが専業主婦にも許可されているケースもあります。

 

そのため、カードローンを絶対に専業主婦が利用出来ないかというと、あながちそうでへないということになります。

 

たとえば、当サイト内では、専業主婦の方でも利用出来るカードローンで、金利、審査など優遇されているものを紹介していますので、それらの記事を参考にしてください。

 

「専業主婦がカードローンに申し込んだ際の審査の流れとは?審査基準も徹底解説!」

50万が一般的な限度額です。

 

専業主婦がカードローン・キャッシングをする際のおよその場合、その限度額は、一般的に50万円といわれています。

 

もちろん、銀行によって限度額は多少上下いたしますが、50万以内なら収入証明書を提出することなく借入が可能です。

 

50万をこす借入が必要な場合は、就労するということを頭にいれましょう。どのような携帯の就労でもかまいません。

 

コンビニエンスストア、スーパーでのバイトや、パートの派遣でも就労をしていると、50万以上の融資が受けやすくなります。これは、専業主婦=収入ゼロでないことを回避するための方法です。

 

これで、融資してもらえる借入金額は、100万ないし200万ほどになるかとおもいます。

 

配偶者の収入証明書が必要となることも

専業主婦について前述しましたが、もう一点留意しないといけないことがあります。

 

専業主婦がカードローンに申し込む際には、金融機関によっては、夫の収入証明が必要となるケースがあります。

 

「収入証明書」と呼ばれる書類は、つまり給与明細や源泉徴収のことです。

 

配偶者で収入を得ている人の収入証明書のことをいいます。

 

レディーローンなどで、配偶者である夫に利用がバレないようにとおもっていたのに、収入証明を提出するなんて・・・と戸惑う方もいるかもしれませんが、あくまでも金融機関は、収入が世帯を通してどの程度あるのか把握したいだけなので、配偶者にカードローンやキャッシングをした事が漏れたりする心配はありません。

 

最近は、プロミス等、人気の消費者金融がレディースキャッシング等の商品を前面に打ち出してる事からもわかるように、働く女性が増えてきてるので、これからのカードローン利用者の男女比はどんどん
狭まっていくのではないでしょうか。