在籍確認で代行サービスよりも職場への電話連絡なしで借りたい!

 
在籍確認の電話が嫌なので代行サービスを使って職場への連絡なしに借りようと考えていませんか。

 

代行サービスを利用してお金を借りる事を行う事は絶対にしてはいけません。

 

そもそも代行サービスとは何でしょうか?

 

消費者金融などで審査を受ける際に、勤務先の情報を確かめるための「在籍確認」の電話連絡があります。消費者金融から職場に電話がかかってくるので周囲に知られたくない方は代行サービスに電話対応してもらいたいと考えるのかもしれません。

 

ですがそれだけではなく、実際には無職なのに働いているという虚偽の情報で審査に合格するために電話代行サービスを使って勤めていることにしてもらう方法もあるんです。

 

何故代行サービスを利用してお金を借りてはいけないのでしょうか。

 

代行サービスで職場を偽り、お金を借りることは嘘の情報で金融機関からお金をせしめた事になり詐欺罪に該当します。

 

もし仮に代行サービスを使って借りたお金が返せず、自己破産を選択する事態になっても、自己破産の免責は詐欺行為を行なった人におりることはありません。

 

金利は引き続きかかる為、一生かけて金利を支払っていく事態になりかねないのです。

 

その様な代行サービスを使った危ない橋を渡るよりも、職場への電話連絡の代わりに代替書類を以って在籍確認を行ってもらった方がいいでしょう。

 

社会保険証や給与明細で在籍確認を行ってくれる事もありますので、職場への連絡もなく同僚にバレる心配も一切ありません。

 

職場への連絡を控えて欲しいなら、担当者に他に方法がないかお願いするといいでしょう。

 

くれぐれも代行サービスで職場を偽ろうとだけはしない様にして下さい。

 

大手の消費者金融なら丁寧に相談に乗ってくれます。それぞれに事情があると思いますが、正直に伝えることで充分に配慮してくれます。在籍確認の審査は決してコワいものではありません。安心して良いと思います。