遅延損害金はカードローンの利息とは別に計算される?

 

発生して欲しくない遅延損害金、仮に発生した場合はよくわからない部分が多くあります。

 

遅延損害金は通常のカードローンの利息にプラスされて請求されるのでしょうか。

 

遅延損害金の計算について解説します。

 

・遅延損害金は切り替わるだけ

遅延損害金は普段の金利にプラスされて支払うものではありません。

 

例えば金利15%、遅延損害金20%で借りている状態で返済が遅れた場合、その日の金利が遅延損害金の20%に切り替わります。

 

差としては5%くらいですから、遅延損害金に切り替わったからと言ってコストが増大するわけではありません。

 

・遅延損害金はベース金利に左右されない

例えば金利12%のカードローンでも、金利18%のカードローンでも、遅延損害金は20%くらいになります。

 

これは法律で決められている上限の数字に設定している金融機関が多いためです。

 

銀行カードローンの中には念のため低い設定にしているところも多くありますが、遅延損害金はベース金利に左右されないというのが普通です。

 

・「遅延損害金がたいした金額じゃないから」と言って延滞しない

遅延損害金はペナルティーの意味合いで導入されていますが、はっきり言って2%〜5%金利が上乗せされても痛くも痒くもありません。

 

60万円を一ヶ月延滞しても、発生する遅延損害金はたったの千円増えるくらいです。

 

特に大きくコストが膨らむわけではないからと言って、気軽に延滞を続けてしまうとブラックに登録されます。

 

ブラックに登録されるとカードの更新もできなくなり、さらには信用情報機関に履歴が残り、新規カードも作れなくなる不便をこうむりますので、延滞は絶対に行わない方がいいでしょう。

 

遅延損害金はカードローン利息から切り替わる方式になります。

 

両方払わなければいけないわけでは無いのでコストが大きく膨らみませんが、支払いが遅延するとブラックに登録されるので行わないようにしましょう。