プロミスのお申込はネットがオススメ!

 
プロミスをはじめ消費者金融は以前に比べて格段に便利になりました。

インターネットの需要によりすべてのサービスがさらに充実するようになりました。審査もスピーディーになり【即日融資】ということも可能になってきました。とはいえ、決して審査が甘いというはけではありません。審査の際にチェックする項目がしっかり決まっており、審査の仕方が完結且つ短時間で行われるようになったからです。

 

インターネットでの申し込みは、店舗窓口に出向くことなくネットの公式サイトから申し込む事ができ、審査に必要な書類の提出も、郵送ではなく、メールの添付や、カメラアプリ、サイトのフォームからの送信などで、すぐに送ることが可能です。以前では郵送やFAXなどの方法がありましたが、証明書などの画像をすぐに送ることができるので審査がとてもスムーズに進めることができるようになりました。それにより、在籍確認の電話審査も省略が可能になる場合もあるのでとても評判です。

 

電話やメールでのやり取りの後、【在籍確認】ということで勤務先への電話確認の後、契約完了として、利用可能となり、自分の銀行口座へ振り込むことが出来ます。

 

申込み開始の時間帯にもよりますが、即日に振込みも可能です。
 

キャッシング審査の在籍確認について

 

審査の流れの中で、【在籍確認】というのがあります。
申し込みの際に、個人情報を入力しますが、その中の「勤務先」に、実際に勤務しているかどうかを確認するために、職場に電話連絡をしてきます。実は、この【在籍確認】があるために、キャッシングをためらうという人がいるように、消費者金融を利用しているのがバレるのは避けたいという方は多いです。

 

そこのところは、消費者金融側も把握しているようで、電話をかけてくる際に、決して消費者金融名を名乗りません。オペレーターの個人名でかけてきます。そして在席かどうかを確認するだけで、席を外してると聞けばそれで電話は終わります。と同時に審査も完了です。

 

さらに、かけてもらう時間帯を指定することも可能です。確実に自分が電話に出れる時間帯をお願いをして、本人が電話応対しても大丈夫です。本人が出て、本人確認ができれば【在席確認】の審査は完了です。

 

他にもオペレーターに相談すれば、電話をかけてくる際の細かいお願いも大丈夫です。例えば女性の方でしたら、女性からかけてもらうとか、個人名ではなくて、職場の周囲に怪しまれない会社名称を希望してみることも可能です。

 

在籍確認の審査は必ず行われます。この審査は避けては通れません。離職したばかりの方が、まだ会社に在籍していることにして申込むこともあります。それを防ぐためです。収入がない状態でお金を借り入れするということは、必ず返済ができなくなります。貸す側にとっても借りる側にとってもそれは良くないことです。

 

在籍確認を回避することは可能か?

 

基本的には【在籍確認】は審査に必ず行われることですので、どうしても職場への電話確認を避けたい場合は、申込完了後すぐに消費者金融の担当者に相談してみましょう。職場の事情などをしっかり伝えることで、電話の確認を免除してもらうことも可能です。

 

インターネットを利用すれば審査に必要な「運転免許証」「健康保険証」などの証明書類をすぐに消費者金融側に送ることが出来ます。さらに、勤務先名の入った健康保険証や、社員証などを用意しておけば審査はさらにスムーズに進むでしょう。またアルバイトやパートなどの方は勤務先名の表記されている「源泉徴収票」や「給与明細」などの収入証明書を用意しておくと審査は早いでしょう。

 

在籍を確認するための方法は主には電話連絡になりますが、職場の事情などしっかりと伝えることが大事です。人それぞれ職場の事情というものがありますのでそれを考慮してくれます。
※審査の内容によっては、電話連絡なしの要望に沿えない場合もあります。