アメリカの消費者金融は年利390%だった?驚きのその背景

 

アメリカの消費者金融、年利が物凄いって知っていますか?

 

実はアメリカには消費者金融に近いものは、『ペイデーローン』と呼ばれるものしかなく、その利息は年利390%、もしくはそれ以上になります。

 

年利390%の驚きの背景を紹介しましょう。

 

・年利390%は普通にすると違法

アメリカにも利息制限に関する法律があって、その法律は州によって違いがあるものの、大体10%台です。日本の利息制限法と余り変わりはありませんね、この理屈で行くと、年利390%はもちろん違法になります。

 

・闇金みたいに年利390%で融資

日本で、『貴金属を購入させ、換金する事により高利で融資する』と言う違法な手法があります。

 

アメリカでの年利390%の正体は、これに似た手法で、『貸付金額に商品券をつけて、返済時に商品券の額を含めた金額を返済させる』といった手法です。

 

商品券は利用価値の無い商品券ですので、借入者は実質高利でお金を借りる事になります。

 

・年利390%は許されるの?

日本ではどう見ても違法な気がする年利390%融資ですが、アメリカは基本的に「法律で禁じられていない事はやっていい」という文化があります。

 

日本で同じことを行うと警察が忖度して逮捕してしまいますが、アメリカでは具体的な法律に違反しているわけでは無いので、堂々と営業を続ける事が出来るのです。

 

自由の国アメリカはスケールが大きそうですね。

 

こんな金利に頼ってしまうと、返せなくなるのでアメリカに行っても利用しない方がいいでしょう。